クレカの審査が通らない方必見!審査通過のために大切な「信用情報」とは?

信用情報とは クレジットカードの豆知識
信用情報とは

クレジットカードを発券するために避けて通ることができないのが「審査」です。クレジットカードは商品の代金をカード会社が立て替え、後日利用料金を利用者へ請求するという性質上支払い能力がない方へ発行することはできません。

「この人にお金を貸しても大丈夫か」を判断するために氏名や生年月日、住所などの個人情報はもちろん、年収や勤務先、勤続年数などの支払い能力が調査されます。この段階でこの人にはお金を貸せないと判断された場合、クレジットカードを発行することはできません。

そこでこの記事ではクレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴と対処法について解説します。ぜひ最後までご覧ください!

クレジットカードの発行にはかならず「審査」がある!

審査

出典「pixabay

クレジットカード発行時には必ず審査があり、安定した収入がない方の場合は審査落ちしてしまう原因となります。

またカード会社やカードのステータス(ゴールドやプラチナなど)によっても審査基準が異なっています。

そこでここでは一般的な審査基準について解説します。

最低限の収入がなければ審査には通らない

クレジットカードは借金です。そのため必ず返済能力が重要視されます。

学生さんであればアルバイトをしていないとしても審査に通る可能性が高いですが、それ以外の方の場合は最低限働いていることが最低条件となります。

そのため無職の方が審査に通過する可能性はきわめて厳しいと言えます。

過去に延滞情報がある方は審査落ちするリスクが高い

クレジットカードを発行している会社はCICJICCKSCといった指定信用情報機関に加盟しています。これらの指定信用情報機関では過去の延滞情報や現在の借入金額などを記録し加盟金融機関同士で情報を共有しています。

またCICやJICC、KSCといった指定信用情報機関はCRINというネットワークに加盟しており、いずれの機関の情報も相互に確認できるようになっています。

そのため過去に延滞した事実があればカード会社は他社でのことであったとしても簡単に把握することができます。指定信用機関に延滞情報が登録されている場合、クレジットカード発行の大きな支障となることでしょう。

無職でもクレジットカードは作れるの?審査に通過するためのポイントをわかりやすく解説!
クレジットカードを作成するために避けて通ることができないのが審査です。では給与所得のない無職の方がクレジットカードを申し込んだ際に審査に通過することができるのでしょうか。 ここではクレジットカードの審査のポイントや審査落ちした際の対処法な...
【ポイ活も!】クレジットカードを持つメリット3選<デメリットも併せて紹介!>
日々の決済を便利にすることはもちろん、現金よりもお得に利用することができるクレジットカードですが、使い過ぎそうで不安などデメリットを気にされている方も多いですよね。 そこでこの記事ではクレジットカードのメリットはもちろん、デメリットも含め...

過去に延滞してしまった方の対処法

ブラックリスト

出典「pixavay

指定信用情報機関に延滞情報が登録されてしまっている場合、残念ながらクレジットカードの審査の大きなマイナス要素となってしまいます。

また延滞情報はクレジットカードや各種ローンだけでなく、携帯電話の分割料金なども対象です。携帯電話の分割料金は携帯電話代金と合わせて請求されることも多いため、携帯電話料金を延滞すると指定信用情報機関へ登録されてしまう可能性もあります。

過去に延滞してしまったことがある方はクレジットカードを発行することができないのでしょうか。

延滞情報は5年間で情報が消える

指定信用情報機関へ延滞情報が登録されてしまっている場合、その延滞情報は登録された日から5年経過後に削除されます。

そのため5年間まじめに返済を繰り返していれば信用情報から延滞情報が削除され、審査の際に有利になります。

ただし指定信用情報からは延滞情報が削除されますが、延滞された会社の方のデータベースには残っている可能性があります。

楽天カードで延滞したのであれば三井住友カードを申し込んでみるなど、延滞した会社と違うカードを申し込むことで審査通過率をUPさせることができますよ。

自己破産や個人再生も5年で情報が消える

信用情報に「自己破産」や「個人再生」が記録されてしまった場合、ほぼ確実に審査落ちしてしまいます。しかしこちらの情報も5年経過することでデータが削除されます。

ただしKSCだけは保存期間が7年となっており、KSCへ加盟している銀行系のクレジットカード発券は困難と言えるでしょう。

またCRINを通してKSCの情報をチェックしているカード会社の審査にも不利になってしまいますが、多くの場合はCICのみのチェックとなるためそこまでのマイナスではありません。

学生でもクレジットカードは発行できる?クレカの審査基準を大公開!
大学生にもなると何かとお金がかかる時期ですよね。新たに新生活を始める方も多くいらっしゃると思います。 そこでおすすめしたいのがクレジットカードです。しかし、クレジットカードを発行するためには審査があり、学生でも持つことができるのか不安を抱...
クレジットカードの支払いが遅れそうになった時の対象法
クレジットカードを利用した分の代金は後日カード会社へと返済しなければなりません。しかしクレジットカードの支払日までに現金を用意できそうにない。そんなときもありますよね。 そういった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。ここではクレジ...

延滞や自己破産から最低5年はカード発行の審査に大きくマイナス

いかがでしたでしょうか。この記事ではクレジットカードの審査に落ちてしまう原因とその対処法について解説させていただきました。

過去に延滞や自己破産、個人再生などの金融事故を起こしてしまった場合は最低5年間、クレジットカードをはじめとする各種ローンの審査に大きくマイナスな影響となります。

5年間はニコニコ現金払いで過ごし、5年経過後に再度申し込むことでクレジットカードを発券することができる確率が大きくUPしますよ!

この記事があなたのクレジットカード発行の参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました