クレジットカードの「国際ブランド」とは?VISA・Master・JCB・Amexどれがおすすめ?

国際ブランドとは? クレジットカードの豆知識
国際ブランドとは?

クレジットカードにはさまざまな国際ブランドがあります。いま現在多く使われている国際ブランドは「VISA」「Master」「JCB」「American Express」「Diners Club」であり、JCBとAmericanExpressは連携しているため相互に利用することができます。

さまざまな種類がある国際ブランドですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。ここではクレジットカードの国際ブランドについて解説します。ぜひ最後までご覧ください!

クレジットカードにある「国際ブランド」とは

フラット画像「クレジットカード」

出典「pixabay

クレジットカードには大きく分けると5つの国際ブランドがあります。では、国際ブランドとはどういったものなのでしょうか。ここではクレジットカードの国際ブランドについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください!

日本発祥の国際ブランド「JCB」

JCBは日本発祥の国際ブランドです。

実は自国で国際ブランドを保有するのはとってもすごいこと。国際ブランドを持っているのは日本・アメリカ・中国のみ。世界に誇るJCBだったのです!

またJCBはAmerican・Expressと業務連携しており、互いの加盟店で相互利用することができます。

JCBは日本国内ではダントツのシェア率。VISAが使えない加盟店でもJCBならば使えるというお店が多くあります。日本国内の利用メインであればJCBがおすすめです。

世界ナンバーワンのシェア率を誇る「VISA」

VISAは世界最大のシェアを誇る国際ブランドです。VISAが使えない=クレジットカードが使えないと思っても良いのでは?と思うほど多くのお店でVISAを導入しています。

とりあえず一枚VISAブランドのクレジットカードを持っていれば日本国内での決済はもちろん、海外での決済も困ることはないでしょう。それくらい多くのお店でVISAは普及しています。

初めての一枚で国際ブランド選びに迷った際はとりあえず「VISA」を選択しておけば間違いないでしょう。

ヨーロッパ方面に強い「Master」

Masterカードはヨーロッパ方面に強い国際ブランドです。またVISAよりも若干外貨決済手数料が安いと言われています。そのため海外旅行好きの方であればMasterブランドは一枚作成しておいても損はないでしょう。

またMasterカードはVISAに続きシェアが高い国際ブランドであり、VISAが使えるお店ではたいていMasterカードも利用することができます。

海外ではVISA・Masterの2枚持ちで間違いないでしょう。

旅行好きなら持っておきたい「American・Express」

旅行好きの方へぜひおすすめしたい国際ブランドがAmerican・Expressです。American・Expressはtravel&entertainment(T&E)に特化したクレジットカードで、決済以外にもさまざまな魅力的な特典が付帯しています。

たとえば持っているだけでホテルの上客として扱ってもらうことができるMarriott BonvoyカードやHiltonカード、発券だけでデルタ航空の上客として1年間扱ってもらうことができるデルタスカイマイルカードなど他とはひと味違うクレジットカードを発券しているのが特徴です。

こういった特典を活用したい方へはぜひAmerican・Expressがおすすめです!

ステータスを求めるのなら「Diners・Club」

Diners・Clubカードを持っていればお金持ちの証。ステータスカードとして有名な国際ブランドがDiners・Clubです。

加盟店は少なく使い勝手はそこまで良くありません。しかしカードの発行難易度はかなり高め。安定した高収入の方でしか発券することはできません。

Diners・Clubを持っていればひとめ置かれること間違いなし!Diners・Clubはステータスカードを求めている方へおすすめの国際ブランドです。

クレジットカードは複数枚発券できる!異なる国際ブランドを保有しよう

いかがでしたでしょうか。この記事ではクレジットカードの「国際ブランド」について解説させていただきました。

国際ブランドによって使えるお店や特典などが大きく異なってきます。クレジットカードは複数枚持つこともできるため、さまざまな国際ブランドのカードを保有しているとさまざまな加盟店で利用することができるのでおすすめですよ!

この記事がクレジットカードを利用するあなたの参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました