<体験談>SPGアメックスからマリオットボンヴォイカードへ変わって感じたこと3選

旅行好きへおすすめのカード クレジットカード紹介
旅行好きへおすすめのカード

2022年2月24日、旅行好きの方へ衝撃のニュースが発表されました。それがSPGアメックスカードの生まれ変わりです。

SPGアメックスカードはマリオットインターナショナルがスターウッドグループを買収したことを理由に「いつかなくなる」と言われていました。しかししばらくの間スターウッドグループがないのにも関わらずSPGアメックスカードだけ残り続け、この日ついにSPGアメックスカードもマリオットボンヴォイカードとして生まれ変わったのです。

それに伴い年会費や特典も一新。この記事ではSPGカード時代からカードを愛用していた著者がマリオットボンヴォイカードへ生まれ変わってよかったこと・悪かったことをわかりやすく解説します。

SPGアメックスカードとは?

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード(スターウッド・プリファード・ゲストアメリカンエクスプレスカード)は年会費34,100円のクレジットカードで、アメリカンエクスプレス発行のクレジットカードの「ゴールドカード」に位置します。

このクレジットカードの目玉特典は何といっても持っているだけで高級ホテルに年に一回無料で宿泊できること。さらにスターウッドグループのゴールドエリートとしてスターウッドグループのホテルへ宿泊できるため、部屋のアップグレード特典やボーナスポイント、レイトチェックアウト特典など豪亜な特典を受けることができました。

2016年9月24日にマリオットインターナショナルがスターウッドグループを買収

2016年9月24日にマリオットインターナショナルがスターウッドグループを買収し、マリオットインターナショナルの会員制度と統合しました。それによりマリオットインターナショナルは世界最大級のホテルグループとなり、世界138の国と地域にある8,500を超えるホテルで特典を活用することが可能に。

スターウッドグループは買収されたことでなくなり、マリオットインターナショナルに統合されましたが、なぜかSPGアメックスカードだけは残り続けることになりました。そこでいつかはなくなると言われ続け、2022年2月24日についにマリオットボンヴォイカードへと生まれ変わったのです。

マリオットボンヴォイカードへなってから2種類のカードが登場

SPGアメックスカードは1種類のみの展開でした。しかしマリオットボンヴォイカードになってから一般カードとプレミアムカードの2種類が登場しました。一般カードの年会費が23,100円であり、プレミアムカードの年会費が49,500円です。

しかし一般カードは年会費が大幅に安くなった分特典も大きく削られる結果に。プレミアムカードは一部改善された部分もありますが、年会費も大きく上がりSPGアメックスカードの目玉特典だった無料宿泊特典にメスが入る結果になり、一部では大改悪と言われる始末。

ではSPGアメックスとマリオットボンヴォイプレミアムカードを両方使ってみて実際はどうだったのか。ここでは実際にSPGアメックスとマリオットボンヴォイプレミアムカードを実際に使った著者の感想をお伝えします。

旅好き必見のクレカ「Marriott Bonvoyプレミアムカード」とは?
旅行好きの方へぜひおすすめしたいクレジットカードがあります。それが宿も飛行機もお得に利用することができる「Marriott Bovnoyプレミアムカード」です。 Marriott Bonvoyプレミアムカードは世界最大級のホテルチェーンで...

SPGアメックスカードからマリオットボンヴォイプレミアムカードへなってよかったこと3選

マリオットボンヴォイプレミアムカード

まずはSPGアメックスカードからマリオットボンヴォイカードへなってよかったことをご紹介させていただきます!

良かったこと①:15泊分の宿泊実績はでかい!

マリオットボンヴォイプレミアムカードを保有すれば自動的にマリオットのゴールドエリートになることができ、部屋の無料アップグレード・14時までのレイトチェックアウト・ボーナスポイントといった特典を受けることができます。

しかし無料の朝食やラウンジアクセス特典はありません。また部屋のアップグレードもスイートルームを除く部屋のアップグレードとなってしまいます。できることならスイートルームで優雅に過ごし、おいしい朝食を無料でいただきたい!そこで年間50泊するとなることができるプラチナエリートを目指す必要があります。

プラチナエリートになればスイートを含む部屋のアップグレード、16時までのレイトチェックアウト、無料朝食、ラウンジアクセスといった特典を無料で利用できます。しかし年間50泊もするのは大変ですよね。

そこで活躍するのがマリオットボンヴォイプレミアムカードです。このカードを持っているだけで年間15泊分の宿泊実績を獲得できるため年間35泊すればプラチナエリートの資格を手にすることができます!

良かったこと②:ポイントがどんどん貯まる

マリオットボンヴォイプレミアムカードの魅力といえばやはり高いポイント還元率なのではないでしょうか。通常利用でも100円につき3ポイント貯めることができ、マリオットボンヴォイ参加ホテルでの決済であれば2倍の100円につき6ポイント貯めることができます。

さらにマリオットボンヴォイプレミアムカードを保有しているだけでマリオットのゴールドエリートの資格を手にすることができるためマリオットボンヴォイホテル宿泊時に25%のボーナスポイント・ウェルカムポイントをもらうことができます。

マリオットボンヴォイは1米ドルにつき通常10ポイント貯めることができます。しかしゴールドエリートであれば1米ドルにつき12.5ポイント貯めることができるのです。さらに宿泊したホテルブランドにより250ポイント、もしくは500ポイントのボーナスもいただけます。

例として1泊1万5千円(1米ドル144.28円)のモクシーホテル東京錦糸町に宿泊した場合のシミュレーションをしてみましょう。この場合103.96米ドルのためマリオットボンヴォイから1,299ポイントもらうことができ、マリオットボンヴォイプレミアムカードから900ポイント獲得できます。

つまり合計で2,199ポイント。還元率に直すと14.66%とかなり高いです。この高いポイント還元率はマリオットボンヴォイプレミアムカードの大きなメリットであると感じます。

良かったこと③:日本のみならず海外でも特典が利用できる

マリオットインターナショナルは世界138の国と地域にある8,500を超えるホテルを抱えている世界最大級のホテルチェーンです。そのため海外で初めて宿泊するホテルだったとしてもゴールドエリート会員としてあたたかく迎え入れていただくことができます。

その中でも特に14時までのレイトチェックアウトはとてもありがたい特典だと思います。通常11時、もしくは12時がチェックアウト時間のため朝食をいただいたらすぐに準備しチェックアウトしなければなりません。しかし14時までチェックアウト時間が延びることで朝食後もゆったりとした優雅な時間を過ごすことができます。

海外でも上客として暖かく出迎えていただけるのはマリオットボンヴォイプレミアムカードの大きなメリットだと感じました。

<改悪?>SPGアメックスカードからマリオットボンヴォイプレミアムカードへなって悪くなったこと2選

ダメ

出典「pixabay

SPGアメックスカードからマリオットボンヴォイカードへ切り替わったことにより残念ながら不便になってしまったこともありました。そこでここではSPGアメックスカードからマリオットボンヴォイカードへなって不便になったことを2つご紹介します。

改悪ポイント①:年会費が大幅に上がった

SPGアメックスカードは年会費34,100円でした。しかしマリオットボンヴォイプレミアムカードの年会費は49,500円。15,400円も年会費がアップしてしまいました。

その分特典も追加されてはいますが、さすがに一気に年会費を上げすぎですよね。かといって一般カードだと特典が大幅にカットされてしまっています。

この部分は大改悪なのではないかと感じます。

改悪ポイント②:無料宿泊特典に条件が付いた

今までは持っているだけで無料宿泊特典を獲得することができていました。しかしSPGアメックスカードからマリオットボンヴォイプレミアムカードになったことにより「年間150万円以上の利用で無料宿泊特典」と条件が付いてしまいました。

持っているだけで無料宿泊特典がもらえるのはSPGアメックスカードの大きなメリットでしたが、マリオットボンヴォイプレミアムカードはメインカードとして決済を重ねなければ無料宿泊特典は獲得することができません。

決して無理な金額というわけではないですが、やはり死蔵カードとして年会費を支払っているだけで無料宿泊特典を獲得できるSPGアメックスカードと比較し、大きく改悪されたと言えるでしょう。

マリオットボンヴォイチタンエリート会員を1年継続して分かったメリット・デメリット
世界7,000件以上のホテルで特別な滞在を楽しむことができるマリオットボンヴォイ会員ですが、年間の宿泊数やクレジットカードの特典によりさまざまな会員ランクが提供されています。その中でも上位2番目に位置するチタンエリート会員の資格を手にするこ...

マリオットボンヴォイプレミアムカードはまだ旅行好きへおすすめできる一枚!

いかがでしたでしょうか。この記事ではSPGアメックスカードからマリオットボンヴォイカードへ生まれ変わってよかったこと、悪かったことを開設させていただきました。

年会費が大幅にアップしたり無料宿泊特典に条件が付いたりと大きく改悪されてしまった反面、宿泊実績が5泊から15泊になったりスマートフォンプロテクションが付いたりと改善された部分も多くあります。よってマリオットボンヴォイプレミアムカードはまだまだ旅行好きの方へおすすめしたい一枚です。

ぜひこの機会にマリオットボンヴォイプレミアムカードを発行されてみてはいかがでしょうか。

マリオットボンヴォイプレミアムカードの発行はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました